ボツリヌス治療BOTULINUS

ボツリヌス治療

ボトックス治療とは?

ボツリヌス毒素(ボトックス)は、神経末端の組織の作用を抑制し、神経から筋肉への命令伝達を阻害することで 異常な筋肉運動を和らげたり、止めたりすることによって効果を発揮します。
美容外科のシワとりにも使われていることはよく知られています。
当クリニックでは主に咬筋へのボトックス注射で、歯ぎしり。食いしばり、そしてこれに筋する顎関節症の治療を行っております。
歯ぎしりには、睡眠を妨げ、家族や周囲の人たちに迷惑をかけること有ります。また本人にとっては夜間の強い噛み合わせのために、朝起きた時に顎や側頭部に強い頭痛や、肩こりの原因になることもあり、さらに歯の摩擦や、被せものが割れたりすることにもつながります。

期待できる効果

  • 歯ぎしりや食いしばりが軽快~消失する

    咬筋や側頭筋への注射で、歯ぎしりや食いしばりが改善します。

  • 歯の磨滅が抑制される

    歯ぎしりによって歯がすり減るのを防止します。

期待できる効果 歯ぎしりに対するボトックス治療の実際

Neuronoxボトックスを咬筋に約3~5ヵ所)に分けて筋肉注射します。
注射後7日から10日で効果が現れ約4~6か月まで歯ぎしりや食いしばりが軽減します。程度が強い場合には、内側翼突筋や外側翼突筋にも注射を打つことが必要になる場合もあります。
投与後4~6ヵ月後には薬物の効果がなくなります。
これに伴って、再度症状が現れる場合には再度注射が必要になることがありますが、1回の注射によって長期にわたり症状が出なくなる人も少なくありません。

ボツリヌストキシン注入が有効な箇所

上唇挙筋・口角下制筋・咬筋・オトガイ筋

当院では法令を順守し、歯科口腔外科の診療領域の対象となる部位でのみ、ボツリヌス治療を行っております。そのため、お口周り以外の要望にはお応えすることができません。あらかじめご了承ください。

施術は口腔外科専門医である院長により行います

Certificaton_of_Completion