プラセンタPLACENTA

プラセンタについて

プラセンタとは

胎盤のことをプラセンタといいます。母親の胎内で胎児と母体をつなぎ胎児を育てる臓器ですが、もともと女性の体に備わっているものではなく、受精卵が子宮内壁に着床して初めてつくられる臓器であり、役目を終えると出産とともに母体外に排出される短期的な臓器です。受精卵は、わずか10ヶ月の短期間に重さ約3kgもある赤ちゃんへと成長しますが、この驚異的な生命を育むのが胎盤の役割です。
胎盤の薬効は世界中で古くから注目され、とりわけ滋養強壮薬、若返りの薬として珍重されており、多数の漢方薬等にも配合されてきました。

歯科におけるプラセンタの使用目的

  • 歯周病(歯槽膿漏)予防

    歯周病の最大の原因はプラーク(歯垢)が生み出す毒素ですが、免疫力の低下やホルモンバランスの乱れ、ストレスの影響などの全身状態によって症状は進行します。
    プラセンタは免疫の活性作用をはじめ、細胞の修復、抗炎症、血流促進、ホルモンバランス調整など多方面から歯周病の発症原因や症状に対して作用します。

  • 歯周病の進行を抑える

  • 顎関節症、口腔痛

  • 歯ぎしり・食いしばり(ストレス)からくる口腔痛、顎関節症の治療の補助

  • 味覚低下

  • 口内炎、舌炎

  • インプラント術後創傷治癒

    プラセンタの効果の一つに創傷治癒促進作用(傷の治りを早める)があります。
    インプラント治療や抜歯の際にプラセンタを併用すると、その際できた傷の修復を助けます。

メルスモンピュアカプセル当院のプラセンタは、「メルスモンピュアカプセル」を使用しています。
メルスモンピュアカプセルとは、プラセンタ注射を製造している会社が開発したプラセンタカプセルです。注射薬に近づけるために、つなぎを極力抑えて、プラセンタエキス粉末だけをカプセル詰めしているので、高い効果をもたらします。

オーラルバランスジェル(CL Line)

CLline

こんな方にオススメです!

  • 歯周病が気になる方
  • 口の乾きが気になる方
  • 口の乾きが気になる方
  • 歯列矯正中で不快感がある方
  • 口臭が気になる方
  • 健康なピンクの歯茎を維持したい方
  • 口内がネバネバする方

 

ガムマッサージにスケーリング後にマウスピースに塗布入れ歯に塗布矯正ブラケットに塗布ブラッシング後で

副作用について

感染症は?

感染による副作用も報告されていません。

原料のプラセンタは厳密な管理体制の下、製造されているので感染による副作用も報告されていません。これは胎盤に含まれる血液・ホルモンが製造段階で完全に除去され、ウイルスも酵素分解法や塩酸加水分解法といった処理が行われているので完全に不活化されているためです。過去にクロイツフェルト・ヤコブ病といったニュースが放送され話題になりましたが、こういった病気への感染例も同様に報告されていません。

副作用はあるの?

副作用の心配はありません。

プラセンタは、基本的に副作用はほとんどないものとされています。1956年にメルスモン注射薬、1959年にラエンネック注射薬が医薬品として認可されてから、50年近く調査が続いていますが重篤な副作用の報告は上がっていません。
稀に注射を行なった場所に疼痛が起きる程度です。
但し、これは「皮下及び筋肉注射において」という添付文書の適正な使用方法が前提です。

 

万が一、肌の痒みや発疹など、このような症状が身体に現れた場合は経過観察などの対応が必要になります。また一般論として、蛋白・アミノ酸製剤であることから、アレルギー体質の方や体力が極端に低下している方は慎重に使う必要があります。
これらの症状がいつまでたっても改善されない場合は念のため医師に相談してみましょう。

 

プラセンタの安全性について

注射剤以外の製品は一般的に豚の胎盤を原料にして作られていますが、ここでも十分な安全管理が行われています。これらの原料は食用として認められている基準のものを使用しており、高い安全性を誇っています。各原料メーカーによって異なりますが、十分な健康管理・衛生管理体制を持っている農場から原料を収集しております。原料に対する検査項目は一般にオーエスキー病、豚流行性下痢症、伝染性下痢症、萎縮性鼻炎、マイコプラズマ肺炎、豚赤痢、サルモネラ・コレラ・スイス感染症、トキソプラズマ病などが挙げられ、メーカーによってはより厳しい自社基準を設けているところもあります。また、製造過程の段階で熱による不活化工程をも行っていますので感染症の心配はなく、品質・安全性は確保されています。

一般的なプラセンタ体感例